Related Article

仏壇のデザイン

青い、青い空

仏壇というと一目でわかるものが昔から選ばれてきましたが、近年は仏壇にも様々なデザインがあります。そのため、一目見ても仏壇と判断出来ないようなデザインが好まれており、価格もそこまで高くないといえます。

More

New Article

墓石を選ぶ

数珠

墓石には様々な種類が存在するため、イメージに合ったものを選択することが望ましいといえます。また、墓石を設置する霊園などの雰囲気に合ったデザインを選ぶことも良いと考えられます。

More

スペースをとらない

仏壇の小型化が進んでいる

大型のものが主流だった仏壇ですが、現在は生活様式の変化に伴い仏壇の小型化が進んでいます。 マンション等の集合住宅に住んでいる人にとって、故人を偲んで毎日手を合わせたくても、仏壇を置くスペースがなく、仏壇を設置することが難しいケースがありました。こんなニーズに応えて登場したのが小型仏壇です。 また最近の傾向として、三具足と呼ばれる香立て、花立、写真立ての3つをメインにした物も多くなり、従来の箱型とは異なった物もよく見られるようになりました。洋式の住宅にも合うデザインのものも増え、素材も従来の木材だけでなく、アルミやガラスを使った物も増えてきました。それに伴い仏具もデザイン豊富でバリエーションに富んだ物が増加しました。

問屋制度が見直され価格が安くなってきた

仏壇を購入する場合、宗教用具を扱っている店や、仏壇店へ行くのがこれまでの流れでした。しかし、現在はインターネットで購入する人が増え、その分価格も下がってきています。 基本的に仏壇や仏具は問屋制度を採用しています。問屋制度とは、決まった問屋以外に物を卸さないと言う契約の下、メーカー側が製作を行っています。よって、中間業者が多数存在することもあり、価格が高かったのです。しかし、インターネットで直販するメーカーも増えたことで、価格はかなり安くなりました。 この他、インテリアショップや家具店等でも仏壇を取り扱っていることもあります。特にデザイン性が高いものは、価格が高くインテリアショップの方が入手しやすい傾向にあります。

Pick Up

人気の霊園

額縁

東京にある多磨霊園は大変人気を集めている場所となっており、抽選によって墓所を購入することが出来るのです。また、墓石を準備する際には石材店を利用してイメージに合うものを購入すると良いでしょう。

More